不動産担保ローン関連用語

防火地域・準防火地域の構造の制限

防火地域及び準防火地域の構造の制限
建築物の用途・規模・構造 要求される構造
防火地域 階数3以上または延面積100uを超える場合 耐火建築物
その他の建築物 耐火または準耐火建築物
準防火地域 階数4以上(地下を除く)または延面積が1,500uを超える場合 耐火建築物
延面積が500uを超え、1,500u以下の場合 耐火または準耐火建築物
階数3(地下を除く)の場合 耐火または準耐火建築物
防火上必要な政令で定める
技術的基準に適合する建築
物(延面積500u以下)
木造の建築物 防火構造
耐火構造以外は、不燃材料で造り、またはふくこと。
開口 耐火および準耐火建築物以外のものは、外壁の開口部で延焼の恐れのある部分に、甲種防火戸またはドレンチャー等を設けること。
  1. 防火地域内にあっても、つぎのものは耐火建築物・準耐火建築物としなくてもよい。
    1. @ 主要構造物が不燃材料で造られた卸売市場の上家・機械製作工場の類
    2. A 高さ>2mの不燃材料製の門・へい
    3. B 高さ≦2mの門・へい
  2. 防火・準防火地域内において、耐火構造でない屋根は不燃材料を使用する。
  3. 防火・準防火地域内にある建築物で、外壁が耐火構造のものは、その外壁を隣地境界線に接して設けることができる。
  4. 防火地域内にある看板・広告等(工作物)で、高さ>3mのもの・建築物の屋上に設けるものは、主要構造物を不燃材料で造るかおおう。
  5. 建築物が2つの地域にまたがる場合、建築物全体は防火上の制限のきびしい地域の規定にしたがう。しかし、制限のゆるやかな地域に防火壁が有効に設けられた場合は、ゆるやかな地域の規定にしたがう。

<<重要事項説明書補足資料より>>