不動産担保ローン関連用語

裏書手形

写真イメージ:小切手手形に裏書して譲渡した場合(何らかの代金は回収できたということ)、これを裏書手形といいます。裏書人は被裏書人及びそれ以後の手形取得者に対して手形代金を支払う責任があり、手形の満期まで義務を負っているので、これを偶発債務といいます。債権者が債務者になったいる状態にあると考えられます。このように、裏書手形は将来、債務が発生する可能性があるので、貸借対照表の脚注に記載することが要求されています。