不動産担保ローン関連用語

裏書

写真イメージ:小切手約束手形為替手形小切手又は民法上の指図証券の権利を法定の方式によって他人に移転させる特有の債権譲渡方式です。裏書譲渡ともいいいます。裏書譲渡をした者を裏書人、裏書譲渡により手形等を受け取った者を被裏書人といいます。それでは、裏書した人、裏書人はどんな責任があるのでしょうか。万一、その裏書した手形が振出人の倒産などで不渡りになった場合は、譲渡した相手方(被裏書人)およびそれ以後の連続した裏書人、そして手形所持人に対して手形金を支払う義務を負うことになります。これを裏書人の担保責任というものです。 手形はそもそも流通することに利点があるわけですから、裏書人がその手形を譲渡した者に対して支払責任を負うことにより、はじめて手形が容易に流通されるわけです。裏書人は被裏書人に手形を譲渡して相当の金銭を受領して、債権者から債務者になったような図式になるわけですね。最終的な債務者は手形の振出人であるのは勿論です。→ 裏書手形