不動産担保ローン関連用語

電子記録債権法

写真:パソコン

電子記録債権法は、従来の手形債権譲渡に係るリスクやコストを削減して、売掛債権などを保有する事業者の資金調達の円滑化を図ろうとする趣旨の法律で、2008年12月に施行されました。

電子記録債権とは、売掛金や手形とも異なる“新しい類型の金銭債権”で、電子債権記録機関が作成する記録原簿上へ電子的な記録を行うことで権利内容が定められます。

«日本電子債権機構株式会社サイトより»