不動産担保ローン関連用語

接道義務

写真:建物と道路都市計画区域内にある建築物敷地は、幅員4m以上の道路に2m以上接していなくてはならないと、建築基準法で定められています。これを「接道義務」といいます。

つまり、接道義務を満たしていない土地には、住宅などの建物は建てられないということです。接道義務違反の土地は、物件広告をする際に「再建築不可」または「建築不可」と表示しなければなりません。

また、建築物の用途や規模によっては、地方自治体の条例でより厳しい制限を受ける場合もあります。但し、建築物の周囲に広い空き地があって安全上問題がない場合は制限が緩和されることがあり(※)、二項道路などの例外もあります。建築物の敷地は原則として建築基準法上の道路(自動車専用道路を除きます。)に2m以上接しなければなりません。(1ヶ所で2m以上必要)

※ 埼玉県では路地状部分を除く、敷地の面積が100u以上の場合で、建物の用途が専用住宅、木造2階建、絶対高さが10m未満等の制限ないであれば、埼玉県条例3条の制限の緩和があります。

地方自治体の条例の例(東京都建築安全条例)