不動産担保ローン関連用語

ドライエリア

写真イメージ:露ドライエリアとは、地下室の一方を採光や換気を目的として掘り下げてつくられた空間のこと。空堀りのこと。地下室がある建物で、採光や通風、防湿のために、地下室の周囲の一方の地面を掘り下げてつくった空堀り空間のこと。目隠しとして、また雨水の侵入防止のため、ドライエリアの地上部分には腰壁がつくられていることが多い。また、建築基準法では衛生上の問題から地下室には、原則として、ドライエリアを設けることになっている。ドライエリアとして有効な広さの最低基準は、間口が2m以上で深さ以上になっていることが必要で、奥行は1m以上で深さの10分の1の以上が必要といわれている。