不動産担保ローン関連用語

不動産の二重譲渡

写真:家土地建物といった不動産を二重に譲渡、売買するということは、二人の買主に同一の不動産を譲渡してしまうということ。

売主がAとBに二重譲渡した場合、Aに売った時点で不動産の所有権はAに移転し、その売買契約が完全履行されるまで売主は登記名義人という形で法律上占有していることになります。売主が更にBに売れば「横領」となります。

また、Bが、Aに不動産が売却されていることを知りながら、売主に売るように迫った結果、売主が二重譲渡した場合には、Bが横領罪の共犯(教唆)となることがあります。共謀していればなおさらです。

«参考:三修社「ぶんこ六法トラの巻 刑法」»