不動産担保ローン関連用語

一筆

写真:日本家屋土地の単位。土地登記簿のうえで一個の土地とされるもので、土地は一筆ごとに登記簿に記録され、地番がつけられる。一筆の土地を複数にする(分筆)とそれぞれが一筆の土地となり、数筆の土地を一つにまとめる(合筆)と一筆の土地になる。一筆の土地には一個の所有権が成立し、それが一個の物として取引されるが、一筆の土地の一部だけを独立の所有の対象とすることも認められている。

一枚の登記用紙に表示されている1個の土地を言う。太閤検地のときに、検地帳に一行(当時は一筆と言った)で一枚の田畑を記載したことから一筆の土地と呼ばれるようになった。