不動産担保ローン関連用語

配当要求

写真イメージ:お金民事執行法51条1項で定められています。既に他の債権者の申立によって進行している不動産競売事件に参加し、その競売手続きにおける売却代金から配当の支払を要求することです。配当要求をすることができるのは、債権者の中でも執行力のある債務名義を有するなど一定の要件を満たす者に限定されています。

    配当要求をすることができる債権者
  1. (1) 執行力のある債務名義の正本を有する債権者
  2. (2) 差押えの登記後に登記をした仮差押債権者
  3. (3) 一般の先取特権を有することを証明した債権者

民事執行法52条で配当要求書の提出は、執行裁判所が定めた配当要求の終期までにしなければ なりません。配当要求の終期までに配当要求書を提出しない場合は,配当を受け る資格を有しないことになります。ただし、配当要求の終 期から3か月を経過してもなお売却許可決定がなされない等の場合には、配当要 求の終期は自動的に3ヶ月後に変更(更新)されたものとみなされます。