不動産担保ローン関連用語

不渡手形

写真イメージ:不渡り手形支払いのために呈示がなされた支払銀行(支払場所に指定されている銀行)が、その支払いを拒絶した手形をいう。通常、約束手形の支払いが手形交換所における交換によって行われることから、交換手形の持帰(もちかえり)銀行(支払担当者となっている銀行)がその支払いを拒絶した手形をいうことになる。このような場合、持帰銀行は手形に支払拒絶の事由を付記して、所定の期限までに持出(もちだし)銀行に返却して、代金の返却を受ける。不渡手形となると、東京手形交換所規則では不渡届が出される。この不渡届が6か月以内に2回出されると、取引停止処分がなされる。この取引停止処分により、その日から2年間は、不渡手形を出した者は、その交換参加銀行との間で当座勘定および貸出の取引をすることができなくなる。