不動産担保ローン関連用語

履行遅延

債務者が債務を履行できるにもかかわらず履行期になっても履行しないこと。債務不履行の一種。確定期限付ならばその時から、不確定期限付ならば期限の到来を知ったときから、期限の定めがないときは債権者が催告したときから遅滞となる(民法412条)。履行しないことが債務者の責に帰すべき事由に基づくことが必要である(ただし金銭債務に関しては不要)。遅滞の効果として、債権者は裁判所に履行の強制を求め(民法414条)、担保物権を実行し、遅延賠償を請求できる。また契約を解除できる(民法541条)。
→ 履行不能