不動産担保ローン関連用語

名誉毀損罪

人物写真公然事実に摘示して他人の名誉を毀損する罪。刑は3年以下の懲役・禁錮または50万円以下の罰金(刑法230条以下)。死者の名誉を毀損した場合は摘示された事実が虚偽でなければ罰しない。公然とは不特定または多数人が知り得る状態、名誉とは人の価値または地位に対する社会的評価をいう。毀損とは社会的評価を害するに足る事実の表示であり、現実に名誉が害されるを要しない。摘示された事実の真否は問われないが、名誉毀損行為が公共の利害に関連してもっぱら公益のためなされた場合、公務員または公務員の候補者に関する場合には、その事実が真実なる旨の証明があれば罰しない。親告罪であって、天皇、皇后等の名誉毀損の場合は、内閣総理大臣が、外国の君主等の場合はその国の代表者が代って告訴する。