不動産担保ローン関連用語

災害危険区域

災害地方公共団体は、津波、高潮、出水、がけ崩れ等の危険の著しい区域を災害危険区域として指定し、その区域内では、住宅の禁止、その他の建築制限を条例で定めることができる。(建築基準法第39条)

平成26年8月20日未明の広島市での短時間豪雨による土砂災害は80名以上の犠牲者をだしました。この被害地域は「土砂災害特別警戒区域」にすら指定されていませんでした。災害危険区域に指定されれば、原則として住宅の建築等はできませんので100年に一度かもしれない予想を超える天災から人命を救うことはできるのです。ここにも経済効率とのせめぎ合いがありました。(2014.8.31追記)