不動産担保ローン関連用語

刑事裁判

犯罪を犯した者に刑罰を科すには、刑事裁判で有罪とされ、刑が定められなければなりません。検察官は、捜査の結果、被疑者が犯罪を犯しており、刑罰を科すのが相当だと判断した場合には、裁判所の裁判を求める「起訴」を行います。起訴ができるのは、国を代表する検察官だけです。

起訴された人を「被告人」と呼び、裁判所は、被告人が起訴された犯罪を犯したかどうか(有罪かどうか)、犯罪を犯したと認められる場合にはどのような刑にするかを判断します。

刑事裁判では、検察官が、「被告人が犯罪を犯したこと」を証拠により証明する責任を負います。

«裁判員制度ナビゲーションより»