不動産担保ローン関連用語

貸金業務取扱主任者

国家試験である貸金業務取扱主任者資格試験に合格し、主任者登録を完了した者である。2016年で同試験は11回目となりました。

2010年6月17日以前は研修により取得する民間資格であったが、同年6月18日より旧主任者資格は貸金業法4条施行により終了し、国家資格の制度としてスタートした。移行措置等は無かった為、旧主任者研修修了者の資格を保有している者も資格試験を受験し、合格する必要があった。

2003年8月の貸金業の規制等に関する法律改正に基づき、貸金業を行う者は、貸金業務取扱主任者を1名選任することとなった。貸金業務取扱主任者の制度は、2003年8月の貸金業の規制等に関する法律改正に基づき創設されたが、2006年12月改正貸金業法の3条施行(2009年6月)から、国家資格である貸金業務取扱主任者の資格試験が開始された。

4条施行(2010年6月18日施行)以降、貸金業者は資格試験に合格し登録を完了した貸金業務取扱主任者を法令で定める人数(貸金業務に従事する者のうち50人に1人以上配置)を営業所又は事務所毎に設置しなければならない。

貸金業務取扱主任者は「当該営業所又は事務所において、貸金業の業務に従事する使用人その他の従業者に、貸金業に関する法令の規定を遵守して、貸金業の業務を適正に実施するために必要なものを行わせるための助言又は指導を行う」とされている。

登録を行うには、資格試験に合格した日から1年以内に登録を行う場合を除き、登録講習を受講しなければならない。なお、登録は3年毎にその更新を受けなければ、その期間の経過によって、その効力を失う。

不動産担保ローンのユーコーでは、従業員全員に貸金業取扱主任者試験合格を義務づけています。