不動産担保ローン関連用語

壁心

マンション間取り図例

建物の床面積を測定する際に、壁の厚みの中心線を想定します。この中心線に囲まれた面積をだして床面積とする考え方があります。この考え方を壁心といいます。すなわち、左右の壁の厚さのそれぞれ半分が測定に反映される為、壁一枚分の厚さが縦及び横の長さに加算されることになり、内法に比べ床面積が大きくなるわけです。

(以上の参考出典元は、不動産用語集|R.E.words by(株)不動産流通研究所

マンション業者の販売カタログではこの壁芯を使うためカタログ面積と俗に言ったりします。(マンションの専有部分の床面積の表示は内法によります。)

建築基準法の床面積の規定は、この壁心による測定法を採用しています。