不動産担保ローン関連用語

廃業(貸金業)

貸金業者に死亡、合併による消滅、その他一定の事由が生じた場合には、30日以内に、登録した財務(支)局長または都道府県知事に届出を行う必要がある。なお、貸金業者が死亡、合併により消滅、破産等をした場合は、有効期間が経過する前でも登録の効力は失われる。登録が効力を失うと、無登録となるため、新規貸付などの貸金業を営むことは出来なくなるが、既存の契約については取引を終了する目的の範囲内では、貸金業とみなされるので、取引終了のために必要な行為を行うことができるとされている。(貸金業法施行規則参照)