不動産担保ローン関連用語

青地

登記所に備え付けられている公図において、青く塗られた部分のこと。これは国有地である水路や河川敷を示すものです。「青道(あおどう)」、「青線(あおせん)」ともいいます。最近では公図上に青地を見かけることは少なくなりました。→ 赤地

以下の出典元は、用語集(南海測量設計)からです。

登記所に備えられている公図に青線で表示されている地番のない水路を言う。河川法及び下水道法の適用を受けない。明治初年以来の小規模な農業用水路が多く、普通河川の代表格である。多くの水路は現存するが、土地登記簿に地番、地積、所有者等の記載がなく、一般に法定外公共用物として国有財産とされている。実際の取り扱いは国からの機関委任事務として財産管理は都道府県知事が行い、運用管理は市町村に委任されている。払い下げ等を受ける場合は用途廃止処分の手続きが必要となる。