不動産担保ローン関連用語

アスベスト

日本では石綿と言っていますが、アスベストの方が一般的になってきていますね。人体に取り込まれると多大な影響があり、社会問題となったことは周知のとおりです。いろいろ良い点もあったため、繊維質ですので紡績が可能で、耐久性・熱絶縁性があり、薬品に強く、価格も安く様々な用途に使われてきた経緯があります。建築素材としても、大量に利用されってきました。しかし前述したとおり、アスベストを体内に取り込むと、肺がんや中皮腫といった病気になることが判明し、1975年には吹き付け使用禁止、以後、2006年には全面的に輸入・製造・使用等が原則禁止されました。何だか、例えは悪いですが原発も良い点はありますが、あまりにリスクが大きすぎるのと同じですか・・。不動産の取引においては、建物を解体して更地渡しにすることがあります。その際の建物解体作業(解体工事)でアスベスト飛散を防御するために、その作業方法などについて一定の基準が定められているのは勿論ですが、信頼のある解体業者に依頼することが大事になりますね。その分の解体費用も計算しなければなりません。
不動産担保ローンの物件査定で、アスベスト使用の建物が現存する場合には相当の減価要因となります。