不動産担保ローン関連用語

業として行う

「業として行う」とは、「反復継続して社会通念上、事業の遂行とみることができる程度のものである場合」をいうとされており、必ずしも営利目的及び不特定多数を取引対象とすることを問わないようです

「業として行なう」の判断は、@不特定多数の一般の者を取引対象者とする、A利益を目的としている、B再販売を目的に仕入れている、C直接販売をする、D反復性属して取引を行うなどの要素を勘案して総合的に行なわれます。