不動産担保ローン関連用語

相殺適状

債権と債務とが相殺できる状態にあることをいいます。なお、民法506条2項では、相殺の意思表示は、双方の債務が互いに相殺に適する(=相殺適状)ようになった時にさかのぼってその効力を生ずる、といっています。
相殺する方の債権(自働債権)と相殺され方の債権(受働債権=相殺したい方からみれば債務そのもの)の双方が弁済期にあることが必要です。(但し、実質は、受働債権は期限の利益を放棄できるため自働債権が弁済期にあればよい。)