不動産担保ローン関連用語

付記登記

一般の方は不動産登記簿謄本(現在では登記事項証明書といいます)をどれだけご覧になるのでしょうか。不動産を購入した時に司法書士から一週間後くらいに手にするのを一生に一度あるかないかでしょう。不動産担保ローンをご利用いただいたお客さまは、融資後に不動産登記簿謄本をご覧になり確認されることもあるかと思います。
さて、不動産登記簿謄本、登記事項証明書といいましょう。下記に一例を掲載してみました。権利部(乙区)の順位番号1の根抵当権設定があります。これは主登記になります。この登記内に付記1号 1番根抵当権優先の定めという記載があります。この登記が付記登記です。これは根抵当権に対して合意による権利者の優先の定めを登記したものです。他に代表例としては、所有者の住所移転の変更登記などがあります。
なお、下記の登記事項証明書の登記事項に下線が付されているものは、既に登記の効力がない抹消されたことを示しています。 登記事項証明書  拡大