不動産担保ローン関連用語

表見代理

写真イメージ:人物一定の要件を満たす場合に、無権代理人の行為の効果を本人に帰属させることを認める制度です。よって、表見代理は代理権のない者が代理人と称してなす行為、すなわち無権代理に含まれます。具体的には、代理権限授与表示(一般的には「白紙委任状」の交付や実印の使用、法人では会社の名義、部署名等の使用許諾)があった場合(民法109条)、代理権が与えられているが、当該行為は、その与えられていた代理権の権限外である場合(民法110条)、代理権が消滅した後の行為の場合(民法112条)に、表見代理が認められ得ることとなります。いずれの場合にも、相手方が善意、無過失である場合に表見代理が成立します。