不動産担保ローン関連用語

換地

換地は土地区画整理事業の用語です。
土地区画整理事業では、個々の土地所有者から、土地の一部を提供してもらい、新たに道路や公園等の公共施設を整備します。
ですから、従前の宅地と従後の宅地では、その形や面積、位置などが変わります。この従前の宅地の代わりとして交付された宅地のことを「換地」と呼びます。
土地区画整理事業は事業認可後に換地設計を行います。その時に決まる換地を「仮換地」と呼びます。換地として正式に土地の所有権が移るのは、工事が完了してから行われる換地処分によってです。
土地区画整理事業の流れを簡単に表すと、土地区画整理事業認可 → 仮換地の指定 → 家屋の移転・工事 → 換地処分 → 区画整理登記となります。
仮換地の指定により、従前の宅地に存した使用収益を換地先(仮換地)に行使できる権原が付与されます。
換地計画においては「照応の原則」と呼ばれるものがあります。従前の宅地と換地先の条件が位置、地積、利用状況等においてできるだけ同じになるようにすることをいいます。平成11年に都市再開発法、土地区画整理法の一部が改正され、両事業の一体的整備が可能となりましたが、一体的整備を実際に行う際、この「照応の原則」をどうとらえるかが今後の課題となりそうです。

以上の出典元は、«まちづくりステーション»WEBサイトより

土地区画整理事業では、個々の土地所有者から土地の一部を提供してもらい、その土地により新たに道路や公園等の公共施設を整備するが、そのために従前の宅地と施行後の宅地では形状、面積、位置等が変化する。この従前の宅地に代わるべきものとして交付された宅地を換地と言う。「換地計画」には照応の原則があり、従前の宅地と換地先の宅地の条件が「仮換地」と言い、正式に土地の所有権が移転するのは、工事が完了して行なわれる「換地処分」そして区画整理登記によってである。