不動産担保ローン関連用語

成年被後見人

民法7条では、次のとおり定義しています。精神上の障害により事理を弁識する能力(理解・判断能力)を欠く常況にある者で、家庭裁判所から後見開始の審判を受けた者をいい制限行為能力者になります。成年被後見人をサポートする者は成年後見人で、成年被後見人を当事者とする契約などは成年後見人が代理人として行います。成年被後見人の行なった法律行為は、原則として取り消すことができる(追認も可)。ただし、日用品の購入その他日常生活に関する行為については、取り消すことができない。