不動産担保ローン関連用語

帳簿

営業所等ごとに、貸金業の業務に関する内容を、債務者ごとに貸付けの契約について契約年月日、貸付の金額、受領金額その他を記載したものをいいます(貸金業法19条)。その他の記載事項については、貸金業法施行規則16条1項に規定されています。その他主なものでは、貸付けの契約に基づく債権に関する債務者等その他の者との交渉の経過の記録などです。帳簿は債権が消滅しても10年は保存しなければなりません。不当利得等の返還請求の時効が10年を見据えての期間と理解していいでしょう。