不動産担保ローン関連用語

弁済者

弁済を有効になしうる者は、原則として債務者であるが、第三者による弁済も認められます。
ただし、例外として、

  1. @ 債務の性質がこれを許さないとき、
  2. A 当事者が反対の意思表示をしたとき、
  3. B 利害の関係を有しない第三者の弁済でそれが債務者の意思に反するときには、

第三者の弁済は許されません。
弁済を受領できる者は、原則として債権者です。弁済受領権限のない者への弁済は、原則として無効となります。例外的に受領権限を有しない者でも「債権の準占有者」に対して弁済した場合は、弁済者が善意・無過失である限り、その弁済は有効となります。「債権の準占有者」とは、債権者でないのに取引通念上債権者らしい外観を有する者をいいます。